モテるにはシェービングの種類を見極めろ!イケメンのシェービングは

人は見た目が9割?みたいなタイトルの本がベストセラーだったような気がしますが、読まれたことありますか?実は私は本屋さんでこの本を見たことはあるものの、内容知らないんです。でも見た目ってやっぱり大事ですよね。

私はドラッグストアで店長を務めていますが、新人研修の時から身だしなみが大切な事を教わってきました。私は男性ですので化粧はしないものの、メンズの身だしなみといえばひげをキレイに剃る事ですよね。

というわけで(強引ですが)今回はモテるためにシェービングの種類を覚えておこう!

をお伝えしていきます。

シェービングに種類があるのって知ってました?

ひょっとしたらシェービングのクリームってテキトーに選んでいません?もしくは奥様に何でもいいから買っておいて~、なんぞ言っていないでしょうね。

もうこのタイトルのまんまですが、シェービングの名前が付く商品には

  • 髭剃り前
  • 髭剃り後

の違いがあります。そしてさらに髭剃り前には

  • シェービングソープ
  • シェービングクリーム
  • プレシェービングローション

の3種類あるんですよ。

なのでこれからは適当に選ばずに用途に応じてシェービング商品を購入していただければと思います。

では髭剃り前と後はどう違うのかご説明していきます。

髭剃り前につかうシェービングの種類

髭剃り前に使う商品は主に3種類に分ける事ができます。どれもきっと使った事がある物ばかりだとは思いますが、知っておけば違いがあるのを確認できるはずです。

髭剃り前に使うシェービング
  • プレシェービングローション
  • シェービングクリーム
  • シェービングソープ

プレシェービングローション

おそらく誰もしていないとは思いますが髭を剃る前、何もつけなかったらどうなります?おそらく髭に引っかかってうまく剃れないですよね。

プレシェービングローションは使用することでキレイに髭を剃る事ができます。ちなみにプレシェービングローションにも2種類タイプがあり

  • 肌を引き締めて寝ている髭を立たせて剃りやすくするもの
  • 化粧水のように浸透して髭剃りで剃りやすくするもの

の2種類があります。

チョコ
プレシェービングローションは主に電気シェーバーを使用するときの必須アイテムですよ。

シェービングクリーム

私も使っているのがこのシェービングクリームです。要するにシュワっと泡で出てくるタイプでドラッグストアでも一番売れている商品なんですよ。

シェービングクリームの特徴は成分の石けんによって髭を膨らましながら柔らかくします。そうすることで髭が剃りやすくなるんです。

中でもエアゾールタイプなら泡立てる必要もなく、ワンプッシュで髭全体をカバーできる泡ができるのでコスパは最強です!

シェービングソープ

シェービングソープはあまりなじみがないかもしれません。シェービングソープはその名前の通り石けんではあるのですが、クリームと比べると泡立ちがよくありません。

しかし、シェービングソープは粘りっけがあるため持続性のある泡が浸透します。なので髭をかなり柔らかくしつつ、肌になじむのが特徴です。

したがって髭を剃った後肌が赤くなるというような敏感肌をお持ちの方はシェービングソープの使用をオススメします。

髭剃り後に使うシェービングとは

面倒な髭剃り後は顔を洗って、何もしないという方はいますか?はい、実は私もその一人なのです。だって髭を剃ったらサッサとゆっくりしたいと思いませんか?

でもモテモテ肌にするには最後の手間暇が大事なんです。という事で髭剃り後に使うアフターシェーブローションをご紹介しておきます。

アフターシェーブローションとは

アフターシェーブローションを使う事で肌荒れやかみそり負けを予防できるのです。そしてアフターシェーブローションにも大きく分けると3種類あります。

  • 皮脂分泌を抑制するタイプ(粉末を配合)
  • 清涼感や炎症を抑える効果があるタイプ(メントール、カンフル配合)
  • 殺菌効果があるタイプ(アルコール配合)

まとめ

今回はモテル男子を目指すならシェービングの種類を覚えよう!をお伝えしました。ちなみに男性の肌は女性に比べて油分、つまり皮脂量が多いのでどのシェービング商品もさっぱりした仕上がりとなっています。

もしドラッグストアの売り場でシェービング商品を買う際の一つの目安としてもらえれば幸いです。

今回は以上となります。

もしドラッグストアの商品でこんなのが知りたい!というのがありましたらご遠慮なくお問い合わせしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です