妊娠八ヶ月でのお出かけは大丈夫?行先で注意すべき点を解説

妊娠8ヶ月ともなるとお腹が目立ちますし、なにより赤ちゃんの無事を考えるとちょっとしたお出かけにも抵抗があるのではないでしょうか。

とはいえ事前から決まっていたお出かけや旅行であればキャンセルするのももったいないですよね。

という事で今回は妊娠8ヶ月でのお出かけは大丈夫か?について解説していきます。スポット別による危険度についてもご説明していきますね。

そもそも妊娠8ヶ月のお出かけや旅行はOKなの?

結論から言いますと妊娠8ヶ月でも順調に赤ちゃんが育っているのであれば旅行やお出かけは問題ありません。

妊娠初期の段階は流産やつわりで体調が急変することもあるので遠出は避けた方がいいです。また出産予定日が近い場合でも陣痛が起こる可能性があるので余程の事がない限り外出は控えましょう。

という事で妊娠5か月から8ヶ月の安定期で経過が順調であればお出かけや旅行はOKです。どうせ行くなら楽しんで行った方がいいですよね!

妊娠中の温泉って入っても大丈夫?

妊娠中であれば旅行も気になりますがそもそも温泉につかっても問題ないか、ちょっと気になりますよね。

妊娠時は皮膚が通常よりも敏感になっているため、温泉に含まれている鉱物が皮膚を刺激したり、温泉に入る際の足場で滑るという心配が出てきます。

なのでこの点に注意しておけば妊娠しているからといって温泉を避ける必要はありません。ただし長湯になると疲れが取れるどころか逆に体に負担をかけるので時間を決めて入るようにしましょう。

妊娠時の海外旅行に行く際の注意点!

予定が決まっているとはいえ、妊娠中でも海外旅行に行く事があるでしょう。

海外旅行に行った際、気になるのは急激な体調の変化です。そのため事前準備としてかかりつけの産婦人科医の診断をうけ、体調に問題ないかを確認しておきましょう。

心配であればドクターに相談してお腹の張りを緩和するお薬もいただくのもいいでしょう。

あとは旅行先でいろんな予定を詰め込みすぎないように時間や行動範囲に余裕をつけて動ける計画を立てるようにしてくださいね。

妊娠時の外国の食事や飲み物が気になる!

日本国内と違い、海外では衛生面において十分に気を付ける必要があります。特に飲食時においては胃腸を壊す可能性も否定できません。美味しいからといって飲みすぎや食べ過ぎにも気をつけましょう。

目的地別で妊娠中のお出かけは大丈夫か調べてみた!

旅行先では様々なスポットがありますが妊娠8ヶ月でも楽しめるか、それとも控えておいた方がいいか調べて見ましたので参考にしてくださいね!

温泉やクアハウス

お腹を圧迫しなければ特に問題なく利用できます。ただし薬湯などの肌への負担が強いところへの入浴は控えておきましょう。

遊園地

絶叫系のアトラクションやお腹を圧迫する乗り物以外なら大丈夫です。しかし子供も乗れる乗り物でも気分が悪くなる場合があるので気を付けましょう。

ショッピング

お腹が張りやすい人は朝から行列などに並ばないようにしましょう。同様に人ごみに入ると気分が悪くなることがあるので控えてくださいね。

スポーツ観戦

昼間の試合では日差しが強いので帽子やUV対策を行ってください。また周りに流されて応援するのはOKですが熱くなりすぎないように。

コンサート

長時間座ったまま、もしくは立ったままだと疲れてしまうので休憩時の時は体を休ませるようにしてください。背筋を伸ばしたり軽く運動をするのもいいでしょう。トイレ休憩も必ず行ってくださいね。

ハイキング

平坦なコースをゆっくり歩けば適度な運動となります。無理をせず途中で休憩を入れつつ、水分補給は十分にしましょう。

キャンプ

天候や気温に左右されますし、万が一の時すぐに救急車が駆けつけてくれるとは限りません。であれば妊娠時キャンプに参加するのは控えた方が無難でしょうね。

飲み会

本人がアルコールを飲まなくても周りの人がぶつかったり、躓いたりするので危険が伴います。またいくら気を使ってくれるからとはいえ、たばこの煙も気になります。という事で妊婦が飲み会に参加するのはやめておいた方がいいでしょう。

まとめ

今回は妊娠8ヶ月でもお出かけや旅行に行っても大丈夫なのか?についてお伝えしました。

妊娠8ヶ月といえば安定期でもありますが出産までいよいよゴールが見えてきたという時期でもありますよね。そんな貴重な時間にお出かけするのももちろん大賛成です!

とはいえ万全の準備をして楽しい旅行を満喫してくださいね。

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です