水を飲みすぎると危険!!水の飲み過ぎで起こる症状と適切な量とは

のどが乾いたら水を飲まないと人間は生きていけませんよね。人間の体は70%が水でできているので、水分が不足すると命の危険が伴います。

しかし、水を飲み過ぎても大変危険というのはあまり知られていません。

という事で今回は水の飲み過ぎで起こりうる症状と適切な量についてご説明していきます。

水を1日2リットル飲んでも大丈夫?

結論からいうと水を1日2リットル飲む事をオススメできません。

最近では小型の水筒をもちあるく女性が多くいらっしゃいますし、ペットボトルで飲む機会も増えたので気軽に飲む事が多くなりましたよね。

特に人気なのがミネラルウォーターです。

私はドラッグストアに勤務しているのですが、ミネラルウォーターの商品棚は1本丸々あるくらいスペースを取っています。種類も日本のものから海外のものまでさまざまありますよね。

水を1日2リットル飲むと健康?説

なんとなくミネラルウォーターはお茶や炭酸飲料に比べて健康に良さそうなイメージがありますよね。そのためか、一時期水を1日2リットル飲むと健康になるという説も言われていたと記憶しています。

もちろん喉が渇いたから水を飲むだけではなく、健康のためもしくは美容のためついつい飲んじゃうというのもあるかもしれません。

でも人によって汗をかく量や新陳代謝の違い、さらには年齢によっても個人差があるので一概に水を2リットル飲むというのは間違っているのです。

水を飲み過ぎると起こりえる症状

水を飲み過ぎると以下のような症状が出る場合があります。

水の飲み過ぎはこんなに危険!
  • 胃腸を冷やしてしまう
  • むくんでしまう
  • 肌の代謝が悪くなる
  • 疲れやすくなる
  • 気持ち悪くなる

水を大量に飲む事で体が良くなるどころか、悪化してしまうので注意が必要です。特に水を大量に飲むと美肌になるどころか、代謝が悪くなるので気を付けてくださいね。

適切な飲み水の量とはどれくらい?

それでは健康的な飲み水の量とはどれくらいでしょうか?

正確にお伝えするのは個人差もあるので難しいのですが、1日1リットルを目途にしておきましょう。もちろん運動量によっても前後しますが、間違っても一気に2リットル飲むような事はせず、喉が渇いていたとしてもこまめに水分を取るようにしてください。

水が冷たすぎても良くない

冷たいお水は夏場はスッキリしてきもちいいものですが、冷たい飲み物は体を冷やし体の代謝を悪化させます。

できれば真夏でも暖かい飲み物で胃腸をいたわるようにしましょう。暖かい飲み物だと体の代謝もよくなり結果として美肌にもつながります。

まとめ

今回は水を1日2リットル飲むと起こりえる症状と適切な量についてご説明しました。

私も好んでミネラルウォーターを飲んでいますがくれぐれも飲み過ぎには注意していきたいと思います!

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です