メンズも化粧水が必要!!使い方と種類も合わせて解説

メンズのみなさま!今日もしっかり洗顔の後のスキンケアしていますか?という私はついついさぼってしまうのですが。でも洗顔の後って何もしない人も多いと思います。

しかし、メンズも肌の事を考えるのであればしっかり化粧水はした方がいいですよ!

という事で今回はメンズも実践してほしい化粧水の使い方についてご説明していきます。

化粧水の役割とは

私も男なんで化粧水なんて使わなくていいと思っていたんですよね。だって洗顔の後、バシャバシャしたらいいんじゃないかと認識していたくらいですから。でもその考え方はちょっと危険です。

洗顔した後の顔はその瞬間からどんどん蒸発しまくっています。見た目にはわかりませんが、放っておくと肌荒れや乾燥の原因となりますのでメンズでも化粧水をしたほうがイケてる男子になれますよ。

化粧水に種類ってある?

えっ?化粧水は化粧水だろ~と思った方もいるのではないでしょうか。私も初めは違いなんてわかりませんでした。でも私はドラッグストアで働いていて、よ~く商品を見てみると違うんです。なので勉強してみるとちょっとずつ違いがありました!

化粧水って実は大きく分けると3種類あるのはご存じでしたか?メンズはともかく、女子もひょっとしたら知らない方がいるのかもしれません。

ということでまずは化粧水の種類をお伝えしますね。

柔軟化粧水

普段化粧水といわれているものがこの柔軟化粧水というものです。柔軟化粧水は保湿成分が角層に水分を与える事で皮膚をやわらかくします。そうする事で皮膚を潤いに満ちた状態にしてくれます。

収れん化粧水

収れんって難しい言葉ですが、わかりやすく説明すると毛穴を引き締める事を収れんといいます。また皮脂分泌を抑えて仕上がりがさっぱりします。もちろん柔軟化粧水のように水分を保ち、保湿も可能です。

ふきとり化粧水

クレンジングや化粧を落とした後でも、実際には顔の表面に油分が残っています。そんな時にふき取り化粧水を使うと顔の油分まで落としてくれます。また界面活性剤を含んでいるため、余分な角質も取り除くことができます。

メンズも覚えておくべき!化粧水の使用方法

私、実は水でササッと湿らせる感じのやり方だったんで全く保湿の意味がなかったんです。つまり完全に自己流のやり方でスキンケアをしていました。なのでこの年齢になって反省しているんですけどね。

そもそもメンズだからといって化粧水を使わないというのはよくありません。

ではメンズでも簡単な化粧水の効果的な使い方をご説明していきます。

メンズ必見!正しい化粧水の使い方
  1. 手のひらに化粧水を適量つける
  2. 顔全体になじませる

とっても簡単な2ステップで完了です。これであれば忙しい仕事前でも1分とかかりません。

手のひらに化粧水を適量つける

気になる化粧水の量なんですが商品によってさまざまです。ただしもったいないからといって余りつけないのはNG。しっかり顔全体に広がるよう、手のひらに出しましょう。

もう一つ注意点。逆に溢れるくらい化粧水も出すのもどうかと思います。というのも化粧水を多くつけても結局は蒸発するので一杯保湿できるかというとそうでもないのです。

顔全体になじませる

手のひらに化粧水を出したらあとは顔全体になじませるだけ。この時のポイントとしては特に乾燥しやすい目元まわりとフェイスラインは指でぎゅっと押さえこむようにすると浸透しやすくなります。

意外とやりがち?化粧水を使う時のNGとは

おそらくメンズだけでなく女子も間違った方法で化粧水を使っている可能性があります!その事例についてご紹介しておきますね。

手でたたきながら化粧水を使う

顔を手でたたいて化粧水を浸透させるという方はいませんか。実はこの方法、好ましくないのです。たたくことが原因で皮膚に刺激を与えてしまい、シミや赤ら顔の原因になる可能性があります。

チョコ
もし心当たりがある!という方は速攻やめましょう!

化粧水を重ね塗りする

「肌よ潤え~潤え」と願いながら同じ所に化粧水を重ねぬりしても化粧水と時間の無駄です。かりにたっぷり重ねぬりしたとしても肌の奥底まで浸透しませんので無駄な努力は止めておきましょう。

コットンに化粧水をしみこまして使う方法は

メンズはほとんどの方が手で使うと思いますが、念のためコットンに浸みこませて使用する方法もご紹介しておきます。

化粧水をコットンにしみこませて保湿
  1. コットンに適量浸みこませる
  2. 顔の内側から外側に向けてまんべんなくなじませる

コットンに適量浸みこませる

問題なのはどれくらい化粧水をしみこませるか、なんですがこちらもケチらずにコットンがひたひたになるくらい、つまりコットンの裏側まで浸透させるようにしてください。

量が少ないとコットンが肌の刺激となり肌荒れ、シミの原因となります。

顔の内側から外側に向けてまんべんなくなじませる

化粧水を浸みこませたら後は顔全体に滑らせるように内→外へとなじませていきましょう。面倒だからといって塗りムラのないようにしてくださいね。

チョコ
ハンサムな顔がより際立ちますよ!

コットンでパッティングしたり強くこすったりすると肌を痛めたり、刺激になるので気を付けましょう!

化粧水をつけるのに手がいい?コットンがいい?

ほぼ9割以上の男性は手で付けていると思うのですが、手もしくはコットンどちらもメリット、デメリットがあります。ということでそれぞれの長所と短所についてご説明していきます。

これを知っておけばご自身のスキンケアはもちろん、奥様や彼女にも教えてもらえればポイントは高くなりますよ!

化粧水を手で使った場合
  • デメリット:顔全体へ均等につけるのが難しい
  • メリット:

肌への刺激が最小限で抑えられる。

手の体温により浸透効果が期待できる。

化粧水のを多く使わなくて済む。

手で使う利点は化粧水使用量が少なくて済むんですよ!書いている私も知りませんでした。確かにコットンにじゃぶじゃぶ含ませるとあっという間になくなる感じもしますもんね。

化粧水をコットンで使った場合
  • デメリット:摩擦による刺激で肌を傷める可能性がある
  • メリット:均等に浸透しやすく、顔全体にぬりやすい

私はコットンで化粧水を塗ったりもしますが、コットンの方が「浸透したな!」という実感もしやすい気がします。ひたひたのコットンで塗ると至福感が得られるのは私だけじゃないと思います。

まとめ

  • 化粧水には3種類の化粧水がある
  • 化粧水の使用は簡単!メンズも仕事前余裕でできる
  • 化粧水は手で使う方法、コットンで使う方法があり、どちらもメリットデメリットがある

イケてる男子を目指すなら肌ツヤのあるフェイスにしたいと思いませんか?であればあなたも化粧水を正しく使って潤いツヤ肌を目指しましょう!

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です