メンズでもクレンジングは必要!?そのやり方とNGを解説!!

クレンジングといえばいわゆるお化粧落としの事ですが、女性だけのものではありません。テレビに出ている男性芸能人ってなんだかシワもシミもないキレイな肌をしているな~って思ったことありませんか。

そうです。今や男性もお化粧する時代なんですよね。という事でメンズでも化粧落としとしてクレンジングをする方が増えているのです。

今回はメンズも知っておくべきクレンジングのやり方とついついやっちゃいがちなクレンジングNGな事についてご説明していきます。

クレンジングはなぜ必要?

説明する前に私は長年ドラッグストアの店長をしているんですよね。で私は男性なのでクレンジングというものを恥ずかしながらよく知らなかったんです。洗顔で化粧を落とせるんじゃないと思っていましたからね。

書くのもどうかと思いましたが洗顔では顔の汗やほこりは落とせるものの、ファンデーションやメイクは落とせないんですよね。要するにメイクしたお顔をキレイに洗い落とすにはクレンジングを使うしかないのです。

だから白塗りの化粧をした芸能人(デーモン小暮さん)とかもかなり良質なクレンジングを使っているとにらんでいます。

クレンジングを使わないとどうなる?

洗顔ではメイクを落とせないから肌の表面にはメイク化粧品の他にも

  • ほこり
  • 古い角質
  • 皮脂

が混ざった状態になっているんですよ!書いているだけでも早く落としたーい!となっちゃいます。

この状態でずっといると雑菌の繁殖や皮脂の酸化で過酸化脂質という物質が作られ、肌へダメージを与える事になります。

「そんなの関係ねぇ!」と若い方は思うかもしれませんがそれが元で後々しわやシミの原因になる!といったらどう思いますか?

あとで後悔しないためにもしっかりクレンジングして落とす事が大事ですよ。

クレンジングを使うとなんで落ちるの?

なぜクレンジングでメイクが落ちるかというと、クレンジングを食器洗剤と考えたらわかりやすいと思います。食器洗剤ってトロッと油のような感触ですよね。そしてお皿についた汚れも油まみれになっていますよね。

つまりメイクは油でできているのでその汚れを落とすには油であるクレンジングが必要なのです。

メイクが落ちる仕組み

メイクした顔に油性成分であるクレンジングを塗るとまじりあって肌から浮いた状態になります。例えていうと海の上に浮き輪が浮いた状態ともいえます。あとは汚れである浮き輪を取り除く、つまり拭き取ればキレイな海=素肌となるんですね。

また、クレンジングの成分には油性成分の他に水と混じりやすいようにするため界面活性剤が入っていることが多いです。界面活性剤が加わる事でより早くメイクとなじんでキレイに汚れを取り去ることができます。

クレンジングの種類

クレンジングといっても種類がいろいろあるんです。大きく分けて5つの種類があるのですがまずはクレンジングの種類をご紹介して、その後順番にその特徴を見ていきますね。

クレンジングの種類
  • シートタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

シートタイプ

本来油分でメイクを浮かせるのがクレンジングの役割なんですがその役割を吹っ飛ばして界面活性剤の洗浄力の力で落とすという力技です。そのため肌に負荷がかかりやすいのが玉にキズ。手っ取り早くメイクが落とせるが、肌に小さな傷を作りやすい。

チョコ
特に摩擦による肌ダメージには気を付けてくださいね。

オイルタイプ

他のクレンジングに比べて界面活性剤の含有量が多いのが特徴。そのため、濃いメイクをしているときには重宝するが、肌ダメージも大きいので日常使いはおすすめできません。

ジェルタイプ

ジェルタイプは界面活性剤は入っているものの、油性成分が入っていないため、こちらも肌ダメージは大きくなります。ジェルタイプを使うのなら透明タイプよりも乳化タイプを使うのがベスト。

クリームタイプ

程よい油性成分と界面活性剤が入っているため肌負担はすくなめ。肌トラブルが多い方はクリームタイプを選ぶのが無難です。

ミルクタイプ

一番肌負担をかけないのがミルクタイプです。その分濃いメイクだと落とすことはできません。どちらかというとナチュラルメイク派の方ならミルクタイプで充分です。

ちなみにメンズのみのクレンジングは種類が少ないので普通に女性が使っているクレンジングを使って問題ありません。ただし男性でばっちりメイクの人ってそうそういないと思うので使うのであればクリームタイプもしくはミルクタイプで問題ありません。

こんなクレンジングの使い方はNG

さてクレンジングひとつとってもダメな使用方法があるんです。しかも男性はもちろん、女性でも間違ったクレンジング使用方法をされている人がいます。なのでココでは覚えておいて損のないクレンジングの使用方法をご説明していきます。

クレンジングの後はタオルでふき取る

タオルでふき取るのは問題ないのですが、顔をゴシゴシこすらないように気を付けましょう。そんなことしないよ~というあなた!無意識にしているかもしれないので意識して肌を抑える程度にしておきましょう。

やわらかいタオルで水気をふき取るのが正しいクレンジング後のタオルの使い方です。

メイクをしっかり落とすために顔をゴシゴシ洗う

男性って力が強いためか、ゴシゴシ洗っちゃうんですよね。ゴシゴシは肌への摩擦となり、色素沈着の原因となります。特に指先に力が入りやすいので手のひら全体をうまく使って優しくメイクを落としましょう。

クレンジングの量をケチってしまう

その気持ちすっごくわかります。なるべく節約したいですからね。でも結果としてはメイク残しの原因になってしまいます。ちなみにクレンジングの適量は商品によって違いますのでパッケージの量をしっかり出すようにしてくださいね。

クレンジングを顔にのせたまま放置する

クレンジング剤は見た目以上に肌ダメージを与えます。なるべく短時間でサッサと取り除くためにつけたら肌全体になじませて洗い流すようにしてください。

まとめ

メンズでもクレンジングは必要なの?についてお伝えしました。一応男性目線で書きましたがもちろん女性でも覚えておいて損はありません。

メンズでも化粧をしたらクレンジングを使用することは理解できましたでしょうか。もし奥さんや彼女がこの記事を見ているんであれば旦那さんや彼氏にクレンジングの重要性を伝えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です