コミュニケーションが苦手になった理由!!超人見知りが原因追及!

私は普段ドラッグストアの店長をしていますが、超人見知りで接客は苦手なんです。しかもスタッフとのコミュニケーションもズタボロ。よくそんなんで業務ができるなぁと自分でも感心することが多いです。

でもコミュニケーションが苦手になった理由は何なのか、コミュ障の私が考えてみました。ひょっとしたら当てはまる方がいらっしゃるかもしれませんので是非ご覧になってください。

コミュニケーションが苦手になった8の理由

どうやら私の場合、コミュニケーションが苦手になったのは8つの理由が思いつきました。その理由を順番に紹介いたします。

相手に興味を持たない

別に自分自身が好きという訳ではありませんでしたが、人の趣味や好きなものに全く興味がもてませんでした。人と人のつながりがコミュニケーションで大事なのにこれは完全にアウトですね。

会話が続かない

会話はキャッチボールとよく言いますが、ボールを投げて返ってきたのにそのボールを再び返すことができないのはハッキリ言って致命傷ですね。

例えばお客さんとの会話で

「今日は良い天気ですね」

「そうだね~。晴れたから洗濯物をたくさん干してきたわよ」

このあとの会話が続かないのです。こんな事はしょっちゅうありましたね。

目を合わせない

これはもうちっさい頃からなんですが、他の人の目を見られなかったですね。恐怖心というか、目を見られると何となく怖いんですよね。なのでわざと視線を外したりして会話していた記憶があります。

自分のことを話さない

昨日何していた?とか聞かれるのがすごくイヤでした。今でも抵抗があるのですが自分のプライベートをさらけだせないのです。考えすぎだと思いますが恥ずかしい気持ちになってしまうんですよね。

人との接触に慣れていない

絶対的な経験値がないため、いつまでたってもコミュニケーションできない悪循環に陥っているのかと思います。

考えすぎる

とにかく話始めるまえにいろいろ考えてしまい、あーいったらダメだとか思考しちゃっていました。その結果話し下手になったんじゃないかと思います。

上っ面の話しかして来ない

これは自分の事を話すのに抵抗があるのとよく似ているのですが、差しさわりのない話題で逃げ切ろうとしている自分がいました。だから相手も深く立ち入れない、浅い関係になっていたんじゃないかと思います。

子供の頃のコミュニケーション不足

私は1歳年上の兄がいましたが、ちっさい頃はよく泣かされていました。そのせいといっては失礼ですが、引っ込み思案な性格になったんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です