抽象と具体で思考が劇的に変化!!トレーニング法を例文を紹介

突然ですが、物事を説明するときってどのように説明しますか?例えば面白い芸人さんがいたとして、友達に紹介するときになんと説明したら伝わるでしょうか。

実はこの伝え方、私は人に説明するのがすっごく苦手です。私は現在もドラッグストアの店長として説明するのですが、接客が下手なのでうまく伝わらないのです。

でも人への説明の仕方として抽象と具体を意識してすると劇的に思考が変わりますし、伝わりやすくなります!という事で今回は抽象と具体を使った方法のトレーニング例文を交えて紹介していきます。

抽象と具体とは何か

おそらく抽象と具体って何のことかわからないって人が多いのではないでしょうか。というのも私もサイトを立ち上げていろいろ勉強する中で抽象と具体は師匠に教えてもらった言葉です。

では抽象と具体って何かを簡単に説明します。一応お断りしておきますが、私個人の考えなのでそれ違うよ!という方があったらコメントをください。

抽象とは

とはいうものの、書いていて不安になったので辞書で抽象という言葉の意味を調べて見ました。

抽象とは多くの物や事柄や具体的な概念から、それらの範囲の全部に共通な属性を抜き出し、これを一般的な概念としてとらえること。

なんだか余計にわかりにくくなった気がしますが、要はいろいろな共通項のあるものを一つにくくっていう感じでしょうか。

例えば

  • ネズミ
  • ライオン

これらの共通項は「動物」としていう事ができますよね。この動物という概念が抽象化といわれる手法になります。

具体とは

同じく具体に関しても辞書にはこのように書いています。

(そのものが単に考えられるというだけでなく)形・姿を備えること。

具体に関してはなんとなくわかるでしょうか。形・姿をはっきり言う事なので「動物が逃げた!」とつたえるのではなくて「犬が逃げた!」といえば相手に伝わりますよね。

おそらく私も含めてほとんどの日本人が抽象と具体を意識して話している人はいないと思います。というのもこの大事な抽象具体思考は学校では教えてくれないのです。

チョコ
学校ではあまり役に立たない事を教えてくれるのに教えてくれなかったんだよね!

しかし安心してください。今からでもこの抽象具体のトレーニングを積むだけで思いっきり思考法がかわっていきます。では抽象具体を意識するとどのように思考が変化するかを紹介していきます。

抽象具体思考で得られる効果とは

まず初めに抽象具体で得られる効果をまとめました。その後一つずつ解説していきます。

抽象具体で得られる効果
  • 何気ない事でもたとえ上手になる
  • 説明がうまくなる
  • 読まれる文章が書けるようになる
  • 説得力が身につく
  • 分析ができるようになる

何気ない事でもたとえ上手になる

これは私が思ったことなんですが、テレビで爆笑をとるお笑い芸人さんって頭の回転が早いと思いませんか。よくいろいろ面白い事を思いつくなぁと感心させられますが何気ないワードを瞬時に言い換えるテクニックがすごいですよね。

あのテクニックこそ抽象具体思考なんですよ。例えば私がお上手と思うのはフットボールアワーの後藤輝基さん。的確なツッコミがすばらしいのですが、例えがすごいですよね。抽象具体の勉強になるので後藤さんのツッコミは参考にしたいと思います。

説明がうまくなる

説明がうまくなるというのは私自身が接客の仕事についているからかもしれませんが、お客様にイメージしやすく伝える、つまり抽象的な体の状況を具体的に説明することで納得して購入してもらえることが多くなりましたね。

読まれる文章が書けるようになる

話の説明と同じで抽象具体を意識すると人に読まれる文章が書けるようになります。特にオリジナルの記事を書こうと思ったら抽象具体の思考は欠かせません。

説得力が身につく

抽象具体の思考で会話すると話がわかりやすくなります。結果として信用を得ることになるのです。しかも好意を持っていただけるので一石二鳥ですね。

分析ができるようになる

抽象具体の思考が身につくと自分自身で「これはこういう事をいっているのか」と意識的に考えがわくようになります。つまりボーっとテレビを見ていても

  • 大きい枠でとらえられないか(抽象思考)
  • 例えていうことができないか(具体思考)

で分析できるようになります。

ちなみに抽象具体思考をやって損をすることは全くありません。おそらく小学生から年配の方まで考える頭脳さえあればどんどん抽象具体思考が身についていくハズです!

では普段からできる抽象具体思考のトレーニングと例文をお伝えしていきますね。

日常から使える!抽象具体化トレーニング方法

抽象具体化トレーニングですが

  • 抽象化トレーニング
  • 具体化トレーニング

とわけて実践していきたいと思います。まずは抽象化トレーニングから見ていきましょう!

抽象化トレーニング

抽象化トレーニング方法
  • 目の前にあるものを3個から5個書き出し、その共通項で一つのグループにまとめられないかを考える。

例えば私が今記事を書いているパソコンの前には

  • ポテチ
  • 唐辛子
  • チューハイ

が置いています。これを連想させるものをイメージします。私が思い浮かんだのは・・・居酒屋が出てきましたね。

週末の金曜日、同僚とチューハイ片手に仕事の愚痴をこぼし、ポテチを食べる至福の時。ちょっと唐辛子マヨをつけて食べるポテチもなかなかイケちゃいます。同僚は飲みすぎたのか、トイレに駆け込んで顔色が悪いのを鏡で確認している様子・・・。

こんな感じでしょうか。コツはとにかく無理くり共通点を見つけること。人間の脳って疑問を与えたら何とか答えを導きだす!という素晴らしい能力があるからかならず答えが導けるハズです。

具体化トレーニング

どちらかというと具体化トレーニングの方はやりやすいと思います。具体化トレーニングは抽象化のものを1個決めて、それに当てはまるものを片っ端から書き出していくという作業になります。

抽象的なもの、例えばお題を赤いモノとした場合どんどん具体的な単語に言い換える方法です。

  • トマト
  • ケチャップ
  • リンゴ
  • 赤信号
  • 日の丸
  • くちびる

などなどたくさん出てきますよね。連想ゲームなんかもいいですね。色のほかにも怖いものとか熱い、といった感情的な抽象ワードの他、宇宙や光といったちょっと難しい語句でもいいかえる事は可能です。

これって誰でも3分もあればできるトレーニングなので是非やってみてくださいね。

まとめ

  • 抽象と具体を意識する思考法で人生が豊かになる!
  • 抽象はいろいろななものを一つにまとめた思考法
  • 具体はわかりやすく形や姿で表す思考法
  • 抽象具体のトレーニングは誰でもできて簡単!

私も抽象具体の思考を意識し始めてから接客や文章力がうまくなった気がします。今後も日常の出来事を抽象具体で考えていきたいと思います!

今回は以上となります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です