ブーメランの法則が意味するものとは?実際あった事を交えて紹介!

おはようございます。

今となっては大分昔の話とは思いますが

大相撲での暴行事件っていうのがありましたよね?
お酒の席でぶん殴り、横綱はその責任を取って引退に追い込まれました。

そして殴られた師匠である親方も弟子を思いやる気持ちもあってか
協会からの意見を求められてもダンマリ、決められた会議にも
欠席するという事があったと思います。

その結果かどうか、自分の弟子も付け人に暴行する事件を起こし、
親方もその責任を取って降格という事態になりました。

詳しくはいろんな所で取り上げられたのでご存知かと思います。

何が言いたいかというと思い、言葉、行動は

良いことも悪いことも最終的に自分自身にブーメランで帰ってくるという事です。

言葉は生きているといいます。言霊とも言いますね。

いい言葉、ありがとう、楽しい、嬉しい、大好きという言葉は

プラスの作用を持つ言葉です。

反対に悪口、陰口、愚痴はマイナスの作用を持つ言葉です。

日常、何気なく使っている方はマイナスの作用を持っている状態が続くので

幸運を逃してしまうどころかブーメランの法則で帰ってくる可能性があるので注意しないといけないです。

悪口を他人に言ったりするとその場がどんよりしてしまいませんか?

心の中の感情は何倍にもなって降りかかることがあります。

人の悪口は言わない!

でも人間だからついつい言ってしまいそうになる時もありますよね?

つい言ってしまった、その時は『今の話はなし!リセット!』と言葉で発するか

言えない時は心の中でつぶやきましょう!

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です